【ドラえもん・都市伝説】ループ説

この記事の所要時間: 056

概要

ループ説とはドラえもんの世界はループしているという説。脳死説と比べて原作者の言葉ないことを考えたら新しい物と思われる。

内容

夜中、のび太が眠気のある状態でトイレに行く途中、電話が鳴りつかむと雑音ばかりで聞こえにくい。

「2日・・・ド・・・・・・使うな!」

としか聞こえない。怖くて夢と思った。
2日後、のび太はしずかちゃんの家へ遊びに行くためドラえもんのどこでもドアを使った。が、開けた先は真っ白い空間でドラえもんどこでもドアが壊れたと見ている。
ドラえもんは助けを呼ぶためにタイム電話を使おうとしたが突然にまわりが暗くなりドラえもんの叫ぶ声が聞こえたと同時にドラえもんが消えてタイム電話だけ残った。のび太はタイム電話を使い過去へ電話した。

「2日後にどこでもドアを使うな!」と叫んで終わった。

ちなみに

どこでもドアが故障したらどうなるのかと言うのは立証されている。
銀河超特急で妨害され黒い壁が出現して戻ってこれなくなった。ゆえに故障したら黒い壁しか出てこない可能性が強い。

スポンサーリンク