【ドラえもん・都市伝説】脳死状態説

この記事の所要時間: 033

概要

脳死状態説とはドラえもんの世界観は脳死状態ののび太の夢であるとされる都市伝説。
昔からある都市伝説で原作者の存命時から言葉を受けているほど。

内容

事故でのび太は命だけ助かるも後遺症で脳死状態であり病室でネタっきりとなる。そう、それはのび太の夢の中で道具を出してくれるドラえもん。つまり、ドラえもんは夢の中の存在である。
すべては夢であった。

原作者からありがたい言葉

この説は原作者の藤子・F・不二雄から普通に否定されています。終わり方は楽しい物と言っていた。
しかし、原作者は死亡後で実現されなかった。

スポンサーリンク