【エジプト神話・神】オシリス

この記事の所要時間: 122

概要

オシリスとはエジプト神話の神。ヘリオポリス九栄神の一人。
ヌト、ゲブ(ラー説あり)との長男。ハロエリス、セト、イシス、ネフティスの兄。イシスの夫でホルスを作る。ネフティスの間にアヌビスを作る。
元々は人の姿だったがセトの謀殺により体がばらばらとなりイシスが男のあそこを除く部位を集めてミイラとなって復活した。ある意味でゾンビの祖先。

神格

植物、生産、ミイラの神。冥界アアルの支配者にして裁判官。

歴史

当初は評価が低かったものの評価が上がり有名な神としてきた。この影響もあってセトは悪神として下げられた。
ゲブからファラオを継承しラーの怒りでエジプトが荒廃しトト、イシスともにエジプトを復興するため小麦、パン、ワイン、法律の作り方を人々に教えて支持を得た。この成功を持ってオシリスは少しの楽団とともに各国へ行くことにした(イシスはその間、留守をすることにした)。
が、セトは気に入らずオシリスに合う棺を作りオシリスが帰って来て歓迎会を開きオシリスが棺に入ると閉めてナイル川へ流した。レバノンのビュフロスへ流れつきレバノンの王が見つけて棺ごと神殿の柱にされた。イシスが探し当てオシリスは回収されるもすでに死んでいた。
セトはオシリスが帰って来たのを気に入らずオシリスの遺体を14に分割されナイル川へと流す。イシスが男のあそこを除く部位を回収しミイラとして復活させたもののすでにファラオはセトであるため冥界へ行きアヌビスに代わって支配者となる。
ホルスが王位をセトから奪い復権した後、ホルスに王位を譲渡し引き続き冥界にいた。