【エジプト神話・神】シューとテフト

この記事の所要時間: 032

概要

シュー、テフトとはエジプト神話に登場する神々。
シューが男、テフトは女。
それぞれ、ラーの唾液から生まれておりラーの子供である。二人が旅で出て行きラーが悲しみ帰って来た時にラーが泣いたその時にラーの涙で人類が生まれた。
二人が産んだ子はゲブとヌト。

シュー

大気の神。性別は男。
ゲブとヌトがが抱き合っているのを見て無理矢理はがした結果、天と地が分かれた(ゲブの上にシューが立ちヌトが支えるというなんとも奇怪な図が書かれた)。

テフト

湿気の女神。シューの妹にして妻。
ライオンの頭を持つ。

スポンサーリンク