【北欧神話・巨人】ミーミル

この記事の所要時間: 037

概要

ミーミルとは北欧神話に登場する巨人にしてオーディンの伯父にあたる。別名「賢者の神」とされオーディンに数々の知識をさずける知恵袋的な存在。
アース神族。
元々、体があったもののヴァン神族に首を切られてオーディンに蘇生され顔だけ生きている。
賢い理由はミーミルの泉にある水をギャラルホルンで飲んだことから。

経歴

ヴァン神族との和睦のためヘーニルとともに人質。が、期待される成果がでなかったとヴァン神族がキレて首を切られてアース神族に送り返された。
オーディンによって薬草を擦り込み魔法の力で復活させた。ユグドラシルのミーミルの泉に住むこととなる。オーディンが知識を得るためにミーミルは代償で片目を要求。

スポンサーリンク