【北欧神話・世界】スヴァルトアールヴヘイム

この記事の所要時間: 026

概要

スヴァルトアールヴヘイムとは北欧神話にある世界。闇の妖精が支配すると言われている。
巨人と神々の戦いであるため妖精はあまり重要視されないので詳細は描かれていない。
だが、フェンリルを縛るグレイプニルを作ったので技術力は高いと思われる。まあ、闇であっても神よりも優れている部分があるということか。
なお、スヴァルトアールヴは別名ドヴェルグと呼ばれている。そのため、ニザヴェッリル同一視される。理由はスノリエッダにしか登場しない。

スポンサーリンク