【北欧神話】ヴァルハラ=修羅道

2017年4月26日

この記事の所要時間: 028
グラズヘイムにあるオーディンが住む宮殿で、ヴァルハラの意味は「戦死者の館」と物騒。
ラグナロクに備えてヴァルキュリアが戦士の魂を集めるている。
住人はオーディンの他に戦士の魂、狼、鷲、グリンカムビと動物もすんでいる。
ちなみに、戦士の魂は朝に武装して外の戦場へ行き死ぬ。夜になると復活して帰ってくる。そして、朝に戻り、以下無限ループ。
正直、戦いに明け暮れる修羅道に近い場所だ。違うのは修羅道は自己で行く所、ヴァルハラはオーディンの命令で来たヴァルキュリアに強制で行かされる点か。

広告