将棋のルール

【将棋・ルール】一段目に配置の「行き所のない駒」

投稿日:

この記事の所要時間: 016

概要

例えば一段目に歩兵や香車、桂馬を配置したとする。これは、反則で失格となる。
一方しか行けない駒のルールで動ける場所へ配置しようということ。桂馬の場合は一段目の他、二段目の配置も不可能。
このルールを応用した詰将棋も存在する。
制定者は二代目大橋宗古。


スポンサードリンク

-将棋のルール

執筆者:


comment

関連記事

no image

【将棋・ルール】二歩

この記事の所要時間: 015

この記事の所要時間: 約 0分15秒 概要 二歩とは将棋のルールで禁止されている行動でやったら失格となる。 一列に自分の歩を二つ配置すると違反となる。しかも、この単純そうでわかりやすいルールはプロでも …

no image

【将棋・ルール】打ち歩詰め禁止

この記事の所要時間: 028

この記事の所要時間: 約 0分28秒 目次1 概要2 なぜ? 概要 打ち歩詰めとは持ち駒の歩兵を使ったら反則負けとなるルール。盤にある歩兵で詰むのはよくこちらは「突き歩詰め」とされる。 この打ち歩詰め …

スポンサードリンク