グリム童話

【グリム童話】ボーリングとトランプ遊び

更新日:

概要

「ボーリングとトランプ遊び」とは初版グリム童話のみ収録されている童話。
二版からは「こわがることを習いに旅に出た男の話」に差し替えられた。
見ていて思ったのが「超展開すぎて童話なのかこれ?」。

あらすじ

王は姫との結婚に条件をつけた。

「三日三晩寝ずに番となること。ただし、生き物以外の物の道具は持ち込み可能」

一人の男がこの問題に当たることにした。男は作業台、彫刻刀、旋盤、火を持って寝ずの番となる。ここからわけのわからんことになる。
煙突から骨が落ちてきて男はボーリングにするぞと叫び煙突から2体の骸骨が落ちてきた。
続いて2匹の黒猫が暖炉に来てあたたまりトランプをしたいと話してきて男は騙して作業台に乗せて黒猫たちを殺して湖へ捨てた。報復で大量の黒猫たちが来るも彫刻刀で返り討ちにした。
ベッドに寝ようとしたらベッドが動き始めて動き始めるといいと言いはじめた。
翌朝、寝ている若者を見て王は死んだと思ったら若者は生きていた。王はホッとして若者は残りの晩をしのぎ姫と結婚した。


スポンサードリンク

-グリム童話

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.