海外小説

【星の王子さま】各星の人々

投稿日:

この記事の所要時間: 142

王様

王様とは星の王子さまに登場する国王と名乗る人物。
国王と言うわりには始めてきた王子に家来になれと言ったり、全ての惑星を治めていると豪語したりする自惚れ屋。
馬車を置くことができないほどの小さい惑星に住み自分以外会うのははじめて。
王子が来て家来にしようとしたが断れ裁判にかけようとしても裁判をする人数が足りず断念して王子を他の惑星へ行かせた。

みえっぱりの男

みえっぱりの男とは星の王子さまに登場する人物。
とにかく讃えられてほしい欲求が高く来た王子に讃えてほしいと頼むほど。星の中で一番かっこいいと思っているが住んでいるのは一人だけ。

飲んだくれ

飲んだくれとは星の王子さまに登場する人物。
恥ずかしいことを忘れるために酒を飲み続けている。いわばやけ酒。

仕事が忙しい男

仕事が忙しい男とは星の王子さまに登場する人物。
とにかく計算をしており人と合うのは挨拶ぐらいで長居はしてほしくないとしている。
星を数えており合計5億162万2731とした。計算が終わり王子様と話し星の所有者について話し結論は「誰のものでもない」とした。

あかりをつける男

あかりをつける男とは星の王子さまに登場する人物。
あかりをつけることしかできずそれ以外はしない(それも一ヶ月とやる)。休んだりせず続けている。
言い終わるとあいさつをする。
王子とあい身の上を話す。王子から友だちになれると思われていた。

地理学者

地理学者とは星の王子さまに登場する人物。
地理を勉強しており本を読んでいる。しかし、見に行く決まりがないため家の周り以外のことは知らず探検家に行かすも嘘をつく疑いがあるので物的証拠を提示するよう命令する。
専門外について興味はない。
王子とあい自身が学者であり家の周りを知らず探検家ではないことを話す。
王子からはかないことを聞かれ答え、次の行く惑星に地球をすすめた。これが、王子の地球へ行くきっかけとなる。


スポンサードリンク

-海外小説

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.