落語

【落語】将棋の殿様:殿様「俺tueeeeeee!!」

更新日:

落語でおすすめしたくない話がある。
「将棋の殿様」。
この話の内容は
殿様「おい、お前ら。俺と将棋しようぜ! 家臣なら俺の命令を聞くだろ?」
家臣「へ、へい」
と、将棋をするのだが、殿様の言っていることが“うざい”の一言。
1.敵に容赦するなと言った。しかし、破ります。
2.歩をとるなと言い出す。それも権力を行使して阻止しようとする。
3.飛車が陣地に入ってきてうっとおしい。これも権力行使し下げろと言い出す。家臣の懇願で動かすなになった。
4.金と銀が飛び越えないなら取り払えと言い始める。
5.家臣があきらかに不利なのに「へぼ」と言い始める。俺tueeeeでもしたいのか?
6.負けたやつを鉄扇で殴る。
これを見るとボンボンuzeeeeeeだ。
で、オチはと言うと超正論三太夫が登場して将棋の駒をとり除いて俺tueeeeをやろうとしたが、駒の重要性で論破されて動けず。結果、敗北。
ザマア。
どの時代でも俺tueeeeするやつはウザイか。


スポンサードリンク

-落語

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.