芥川龍之介

【芥川龍之介】鼻

投稿日:

鼻とは芥川龍之介が描いた短編。1916年新思潮創刊号に掲載された。
今昔物語の池尾禅珍内供鼻語、宇治拾遺物語の「鼻長き僧の事」がモデル。

あらすじ

50を超える禅智内供の鼻は56寸もあり顎の下まで伸びている。内供は鼻を気にしており鼻の話題を恐れていた。
鼻があるせいで弟子がいないと食べにくく、池の町に行くと批評する者までいるだろうと考え恐れた。試行錯誤するもわからず苦しんだ。
ある年の秋にて。京へ行った弟子が帰ってきて弟子の友人が医者「長楽寺の供僧」で長い鼻を短くする方法を教わり治療することにした。

治療法は「湯で鼻を茹でて茹でた鼻を踏む」ことである。

内供は笑って信用しなかったが弟子たちが治療に取りかかられた。結果、鼻は赤くなったが短くなった。
しかし、内供は再び長くなるのではと恐れた。
外から来た侍、下法師、中童子が鼻を見て笑った。次第に人々へ敵意をむき出しにし機嫌が悪くなり叱る時は一時悪くなる。
中童子が木片をひったくり「鼻は打たれまい」と言っていたの聞き鼻を短くしたことは悪かったと気づいた。

ある夜、体の様子がおかしくなり熱ができた。翌朝に目覚めると鼻が元通り大きくなった!
鼻が元通りになり心が穏やかになった。


スポンサードリンク

-芥川龍之介

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.