芥川龍之介

【芥川龍之介】手巾

投稿日:

手巾とは芥川龍之介の作品。1916年10月の中央公論にて掲載された。

あらすじ

かつてドイツに留学したことがある東京帝国法科大学教授の長谷川謹造は植民地政策の研究者。妻はアメリカ人で日本好き。
窓際でストリンドベリの作劇本を読み庭の岐阜提灯を見ていた。頭に日本の武士道を思いながら。
梅幸のことを聞こうと小倉の袴を着た学生を呼ぶ。
やがて、西山憲一郎の母「西山篤子」が来た。入院した西山のことを聞かれ西山が亡くなったことを話す。西山の母の手は強くハンカチを握っていた。
長谷川は妻にこのことを話し妻は「日本の女の武士道」とほめた。長谷川はハイベルク夫人のハンカチを2つに裂く話しを思いだす。


スポンサードリンク

-芥川龍之介

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.