芥川龍之介

【芥川龍之介】道祖問答

投稿日:

「道祖問答」とは芥川龍之介の作品。1917年1月の大阪朝日新聞夕刊にて掲載された作品。

あらすじ

天王寺にいる道命阿闍梨。藤原道綱の子で天台座主慈恵の弟子。だが、三業を修めず五戒を持たない。
和泉式部をなぐさめたり仏僧といより破戒僧な感じだ。
阿闍梨に影が来て影は「五条の道祖神」と名乗る。阿闍梨のお経を聞きに来たが阿闍梨はいつもやっているとしない。
だが、道祖神は皮肉を言い始めて阿闍梨を怒らせ阿闍梨は道祖神を叱りつけ道祖神は消えた。


スポンサードリンク

-芥川龍之介

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.