芥川龍之介

【芥川龍之介】神神の微笑

投稿日:

「神神の微笑」とは芥川龍之介の作品。1922年1月に新小説で掲載された。

あらすじ

ある春の夕べである。
パアドレ・オルガンティノ(Padre Organtino)は南蛮寺にいた。寺にある植物に魅入られていた。
寺に入り祈りを捧げる。泥鳥須(デウス)とともに日本の霊と戦うが勝つか負けるかわからなかった。すると、この国の霊が来てオルガンティのと話し合いをする。
霊はデウス以前に孔子、孟子、荘子といった中国の哲人、ブッダのことシタアルタが来たものの皆負けた。デウスも同じことになると話す。
しかし、オルガンティのはあきらめず、必ず勝てると言う。
ただ、デウスと日本の神おおひろめむちに勝てるのかわからない。


スポンサードリンク

-芥川龍之介

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.