芥川龍之介

【芥川龍之介】トロツコ

投稿日:

「トロツコ」とは芥川龍之介の作品。1922年3月の大観に掲載された。

あらすじ

小田原熱海間に軽便鉄道施設の浩二が始まった。8歳の良平が見ものしていた。
3人がトロッコを押しても動かない。良平は侵入して怒られて逃げていった。
10日後、優しそうな二人がトロッコを押していて良平は入りトロッコを押してほめられた。
3人はトロッコを押しながら五十六町のミカン畑にたどり着きく。
日が暮れたので2人に帰るよう言われて良平は帰った。来たところは暮母と来た岩村が変えるにはあまりにも長く来たのでとても一人では帰れなかった。
二人の若い作業員とともに変えるのであった。
26歳になった良平は妻子とともに東京へ行き現在はとある雑誌会社の2階にいた。当時の記憶をそこで思いだしていた。


スポンサードリンク

-芥川龍之介

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.