芥川龍之介

【芥川龍之介】魚河岸

投稿日:

「魚河岸(うおがし)」とは芥川龍之介の作品。1922年8月の婦人公論にて掲載された。

あらすじ

去年の春の夜。風が寒い夜の9時であった魚河岸。
安吉、新人俳人として名をはせている露紫(ろさい)、洋画家の風中(ふうちゅう)、薪画師で酒豪の如丹は友達である。
4人は酒に酔っていた。
洋食屋に入り4人は料理することにした。ところが、一人の客が入ってきて挨拶もせず横柄な態度を取った。保吉は出ていき露紫が怒っているのを見た客は伺う態度を変えた。
保吉は非常に嫌な者と思った。


スポンサードリンク

-芥川龍之介

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.