芥川龍之介

【芥川龍之介】仙人

投稿日:

「仙人」とは芥川龍之介の作品。1916年8月に掲載された。
上中下に分かれる。

あらすじ

5匹のネズミを使って商売する李小二(りしょうじ)がいた。子供には人気だったが歳も来て天気は風雪と最悪であった。。

一仕事を終えて帰ろうとした時だった。山神廟と言う盾もがあり中に入るとそこに老人がいた。李は一目でこの老人は道士と見破った。
道士に事情を話し道士は少し黙った後に答え暮らしを助けると言い始めた。紙幣を与えた。

李小二は金持ちとなった。


スポンサードリンク

-芥川龍之介

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.