芥川龍之介

【芥川龍之介】漱石山房の冬

投稿日:

「漱石山房の冬」とは芥川龍之介の作品。1923年1月のサンデー毎日で掲載された。
芥川の師匠である夏目漱石と実体験のような感じがする。

あらすじ

主人公、年少のW、旧友のMとともに先生の書斎へ行く。綿抜瓢一郎こと大学生Oが客として入ってきた。Oは二人の友人を連れてきた。Kも入ってきた。
30分後、Wと主人公は書斎から出た。


スポンサードリンク

-芥川龍之介

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.