芥川龍之介

【芥川龍之介】おしの

投稿日:

「おしの」とは芥川龍之介の作品。1923年4月に中央公論で掲載された。

あらすじ

南蛮寺にて45、6歳の神父が一人いた。
一番ヶ瀬半兵衛の後家が来た。15歳となる息子の新之丞が大病を患い神父が医者で治療できると聞き来たのだ。
神父はお祈りをし神の言葉を話した。それが終わるとなぜか後家が神父を軽蔑したようなまなざしをしていた。
これは半兵衛が佐々木家の浪人で長光寺の城攻めにて博打で巻けすべてを奪われた。次の合戦では南無阿弥陀仏と書かれた紙を羽織利を須田にまとい戦いにでて死んだ。
それを思いだし口惜しくなった。


スポンサードリンク

-芥川龍之介

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.