芥川龍之介

【芥川龍之介】一塊の土

投稿日:

「一塊の土」とは芥川龍之介の作品。1924年1月に新潮で掲載された。

あらすじ

お住みの息子「仁太郎」は死別した。
仁太郎の葬式が終わり、仁太郎と結婚したお民と仁太郎の息子のことである。49日後にお民を別の男と結婚させ息子「広次」は従弟の与吉に預ける。
しかし、お民は再婚に興味が無く暮すことにした。広次も自分で育てると言った。
お住みは男勝りが好きな性格だがお民は男たちの仕事を奪っていた。
宮下の葬式が終わり墓掘りをする仕事をお民がし始めてお住みは驚くばかりだ。
お民は学校の先生をしていると広次から聞くもそんなことができるわけがないとお住みはお民をののしる。
その後、お民は腸チフスを患いこの世を去り村の男たちやお住みや広次は泣いた。


スポンサードリンク

-芥川龍之介

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.