夏目漱石作品

【夏目漱石】一夜

更新日:

「一夜」とは1905年4月にて夏目漱石が中央公論で掲載された作品。漾虚集に収録。

あらすじ

どういったわけなのか八畳の屋敷に3人が来た。髭のある人、髭のない人、涼しき眼の女が来た。3人はなぜか来たのだ。
3人は夢を題材にして話し、女は髭のある方を気に入り髭のある方は女をモデルとした絵を描こうとした。
夜が近づいたので3人は寝ることにした。

登場人物

髭のある人
明かる人物で女と気が合う。画家。

髭のない人
外されている人物。

涼しき眼の女
髭のある人と気が合う。


スポンサードリンク

-夏目漱石作品

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.