夏目漱石作品

【夏目漱石】二百十日

投稿日:

「二百十日」とは夏目漱石の作品。1907年1月の「ホトトギス」に掲載された。

あらすじ

東京出身の豆腐屋の圭と碌の二人は阿蘇山に楽しく登ろうとしていた。しかし、途中で足を怪我をし飽きてしまったためやめようとしたがもう一人が行く気になったので相談して阿蘇を登ろうとした。
物語はここで終わる。

登場人物


豆腐やを経営している。


圭の友達。

店の女
3話に登場。阿蘇山にのぼろうとしていた2人が夜中に行こうとしたので注意した。

うどん屋の爺さん
2人に阿蘇山への道を教えた。


スポンサードリンク

-夏目漱石作品

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.