夢野久作

【夢野久作】ペンとインキ

更新日:

概要

「ペンとインキ」とは夢野久作の短編。1923年11月3日に九州日報にて掲載された。

あらすじ

ペン先がインキはペン先にかかるとすぐ錆て役に立たなくさせると嫌っていた。しかし、インキは一緒に字を書くための役目だからしかたないとして、錆びるのがイヤなら鉄に生まれてこないほうがよかったのではと反論した。


スポンサードリンク

-夢野久作

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.