夢野久作

【夢野久作】豚と猪

更新日:

概要

「豚と猪」とは夢野久作の短編。1923年11月2日に九州日報にて掲載された。

あらすじ

豚は自慢した。猪の親類のわりに人間の世話を受けて育ち食う寝るも人間がやってくれる。喧嘩の必要もないからありがたいとして猪を見下した。
しかし、猪は笑った。「人間は親切ではない。威張るのものは今にきっと罰が当たる」と伝えた。
本当になった。豚は殺されて人間に食われた。


スポンサードリンク

-夢野久作

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.