夢野久作

【夢野久作】医者と病人

更新日:

概要

「医者と病人」とは夢野久作が1923年11月18日の九州日報で書いた短編。香倶土三鳥と名義して書いたらしい。

あらすじ

病人が死にかけており医者に治る薬がないのか尋ねた。医者は無いと言った。そしたら、
病人は「2、3日に死ぬ毒薬をください」と言い始めた。
どうやら安楽死がしたいらしい。ただ、なんで2、3日なのか謎。


スポンサードリンク

-夢野久作

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.