百人一首

【百人一首】八番歌:喜撰法師

投稿日:

「わかいほは みやこのたつみ しかそすむ よをうちやまと ひとはいふなり」
意味は「私の庵は都の巽の方向にあり。ここに住むと世を憂鬱になると人は言うのだ」。自生活を歌ったものだ。
自分から見たものと人から見たものの対比なのかな。
喜撰法師は平安時代の人間であることはわかっているが詳細は不明。六歌仙の1人。
なぜ、六歌仙に選ばれたか定かではない。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.