百人一首

【百人一首】十二番歌:僧正遍昭

投稿日:

「あまつかせ くものかよひち ふきとちよ をとめのすかた しはしととめむ」
意味は「空を吹く風、雲の道を塞ぎ、天女の姿をまだ見たい」。ようするに好きな女をまだ見たいことだろう。
遍昭(良岑宗貞)は平安時代の僧侶で、歌人。816~890年生きた。
三十六歌仙、六歌仙の一人。
官位は従五位上・左近衛少将。花山僧正。
仁明天皇に使えて仁明天皇が崩御すると、70歳で出家。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.