百人一首

【百人一首】三十七番:文屋朝康

投稿日:

「しらつゆに かせのふきしく あきののは つらぬきとめぬ たまそちりける」
意味は「白露に風が吹いた秋になった野は緒で通せぬ玉が散り乱れる」。
文屋朝康(ふやすのあさやす、?-?)とは平安時代の人物。
官位は従六位下・大舎人大允。
父は六歌仙・中古三十六歌仙の縫殿助文屋康秀。
詳細が不明すぎてわかるのは、これぐらい。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.