百人一首

【百人一首】七十番:良暹法師

投稿日:

「さびしさに やどをたちいでて ながむれば いづこもおなじ あきのゆうぐれ」
意味は「寂しくなって庵を出て美輪したらいつも同じ秋の夕暮れだった」。
良暹(りょうぜん、?-?)とは平安時代の人物。比叡山の僧。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.