百人一首

【百人一首】七十一番:大納言経信(源経信)

投稿日:

「ゆうされば かどたのいなば おとずれて あしのまろやに あきかぜぞふく」
意味は「夕方になれば、門の前にある稲の葉に訪れる葦で作った小屋に秋風が吹く」。
源経信(1016-1097)とは平安時代の人物。
官位は正二位・大納言。
別名「桂大納言」、「経信大納言」と呼ぶ。
多くの歌合に参加したほどの人物。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.