百人一首

【百人一首】七十二番:祐子内親王家紀伊

投稿日:

「おとにきく たかしのはまの あだなみは かけじやそでの ぬれもこそすれ」
意味は「耳に聞く高師浜の騒がしい波にかけまいとしましたが、袖が濡れてします」。
祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんおうけのきい、?-?)とは平安時代の人物っで祐子内親王の妻。
女房三十六歌仙の一人。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.