百人一首

【百人一首】七十三番:権中納言匡房(大江匡房)

投稿日:

「たかさごの おのえのさくら さきにけり とやまのかすみ たたずもあらなん」
意味は「高い山の頂上にある桜は咲いてゆき、人里の山にある霞は立ってはならぬ」。
大江匡房(おおえまさふさ、1041-1111)とは平安時代にいた人物で儒学者。
官位は正二位・権中納言。
非常に博識な人物で和歌、願文どころか、兵法も知っており、後三年の役では兵法の知識を使って勝利に導いた。
大江氏の復興を志していたらしい。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.