百人一首

【百人一首】七十六番:法性寺入道前関白太政大臣(藤原忠通)

投稿日:

「わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの くもいにまごう おきつしらなみ」
意味は「大海原をこいで見たら遠くに雲と見間違える沖の白波」。
藤原忠通(1097-1164)とは平安時代の人物。
官位は従一位、摂政、関白、太政大臣。
出家した後の名は「円観」。
後白河天皇天皇をせんそさせたことが原因で保元の乱が起きた(保元の乱が起きた原因の1つとして)。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.