百人一首

【百人一首】七十七番:崇徳院(崇徳天皇)

投稿日:

「せをはやみ いわにせかるる たきがわの われてもすえに あわんとぞおもう」
意味は「川の流れが速く岩に止められる急流が、別れてもいずれ会うであろう」。
崇徳天皇(1119-1164)とは平安時代の人物。
政治家としての才能はなく歌人として活躍していた。天皇の時でも上皇の時でも変わらなかった。ただし、重仁親王を天皇にしたがっていたあたり、野心はあっただろう。
後白河天皇が即位したことによって対立が激化し保元の乱が発生。しかし、敗北。
負けた後、讃岐に流された後、現地の人と結婚して没したらしい。
さて、崇徳天皇でわすられない話は怨霊となったことである。
戦争を起こした反省で五部大乗経を作り京の寺に奉納してほしいと頼んだ。ところが後鳥羽天皇は「呪詛があるのでは?」と疑い返してこれに崇徳天皇は怒り血で「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん」と乗経に血で書いた。
結果、平治の乱、安下の大火により京都が三分の一も焼失、若死にする天皇たちや天皇家に対する災い。さすがに後白河上皇は崇徳天皇をまつることにした。ところが、災いはおさまることは無かった。
昭和天皇や明治天皇からも恐れられている天皇とされる。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.