百人一首

【百人一首】七十九番:左京大夫顕輔(藤原顕輔)

投稿日:

「あきかぜに たなびくくもの たえまより もれいづる かげのさやけさ」
意味は「秋風が吹き、たなびいていた雲の切れ間から、もれ出てくる月の光は何と綺麗か」。
藤原顕輔(1090-1155)とは平安時代の人物。
官位は正三位・左京大夫にして、六条。
崇徳上皇の命令により勅撰和歌集の編集に携わる。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.