百人一首

【百人一首】八十番:待賢門院堀河

投稿日:

「ながからん こころもしらず くろかみの みだれてけさは ものをこそおもえ」
意味は「長い間、心を知らず、黒髪が乱れて、今朝は物思いをしました」。
待賢門院堀河(たいけんもんいんのほりかわ、?-?)とは平安時代の人物。
中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。
六条。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.