百人一首

【百人一首】八十三番:皇太后宮大夫俊成(藤原俊成)

投稿日:

「よのなかよ みちこそなけれ おもいいる やまのおくにも しかぞなくなる」
意味は「世の中には手に入れる手段こそなければ、思いつめて山奥に鹿の声が聞こえる」。恋の歌らしい。
藤原俊成(ふじわらのとしなりorしゅんぜい、1114-1204)とは平安時代の人物。
北家出身で、藤原俊忠の子。
旧名は「顕広」でこれは葉室家に引き取られた時に名乗った名前。実家に戻った際に「俊成」と改名した。
法名は「釈阿」。
官位は正三位・皇太后宮大夫。
歌人としての活躍が多く指導もしていた。


スポンサードリンク

-百人一首

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.