遊戯王ネタ

【デュエルマスターズ】デューン・ゲッコー

更新日:

火文明に所属する種族。
ひゅーまのいど、マシン・イーターに関連しており名前は「~~・リザード」となっている。
あまりにも影が薄く4体しかいない。ただし、Kaijudoでは進化クリーチャー「Big Hissy」が存在する。
影薄くすぎるため「デュエル・ジャック!!」でネタになるほど。
能力が使えないカードばかりでそもそもできた理由が分からないとしか言いようがない。
なお、海外では「Big Hissy」の他、「Little Hissy」、「Leaping Hissy」、「Sandstorm Prowler」というカードもある。リザードではないのになぜ、デューン・ゲッコーなのか?
それとも、デューン・ゲッコーが改造される前の姿なのか。
他に海外のデューン・ゲッコーは突っ込みどころ満載。
1.Jet-Thrust Darter
どうみても「紅神龍ガルドス」です。ガルドスの相手プレイヤーにアタックできない点を解消しているが、パワーは1000となっている。
2.Lava-Tube Crawler
闇と火のレインボークリーチャー。種族はデューン・ゲッコーとワーム。
海外産オリジナルカード。
3.Lava Leaper
どう見ても「爆獣マグヌスグレンオー」。ナイトじゃなくなっている。
4.Lizard-Skin Puppet
どうみても「凶犬人形ジュンカツ」。闇と火のレインボークリーチャー。デスパペットとデューン・ゲッコー。
バニラじゃなくなっている。


スポンサードリンク

-遊戯王ネタ

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.