「海外小説」 一覧

no image

海外小説

【星の王子さま】各星の人々

2017/12/04  

王様 王様とは星の王子さまに登場する国王と名乗る人物。 国王と言うわりには始めてきた王子に家来になれと言ったり、全ての惑星を治めていると豪語したりする自惚れ屋。 馬車を置くことができないほどの小さい惑 ...

no image

海外小説

【星の王子さま】作家志望だった人

2017/12/04  

概要 この作品の主人公。 6歳の頃、ボアが動物を丸呑みする絵を見て絵を描くことを志した。試しに象を丸呑みした蛇を描くも帽子にしか見えず断面図を描くも大人たちにからかわれ夢が終わった(この時に描いたボア ...

no image

海外小説

【星の王子さま】バラ

2017/12/04  

概要 バラとは星の王子さまに登場する人物で王子が惑星を出るきっかけとなった存在。 大事に育てられており王子を信用している。しかし、風は嫌い。 正直になれない性格で純粋な王子と素直になれない。 育てられ ...

no image

海外小説

【星の王子さま】王子さま

2017/12/04  

概要 小惑星B612から来た宇宙人の子供。他人にあまり興味を示さず自分の望みたいことしか興味を抱かない。 長く星々を旅していたので知識は豊富で花が生きていることを理解している。 能力 能力は正真正銘の ...

no image

海外小説

【星の王子さま】B612

2017/12/04  

概要 B612とはトルコの学者が発見した惑星。王子さまの故郷。 1909年に発見されたが西洋風の服装ではないとして誰も見向きもされず1920年に西洋風の服装となり多くの人が認めてくれた。 住んでいるの ...

no image

海外小説

【星の王子さま】地球の生物たち

2017/12/04  

蛇 王子が最初にあった生物。王を倒せる、海を渡れると豪語する。 しかし、相手が何者なのか看破する能力は高く王子が別の星から来た人間とわかり王子が一人ぼっちと理解する。 花 砂漠真っ只中で咲いている花。 ...

no image

海外小説

【ガリバー旅行記・ネタ】作者の本音

2016/12/25  

ガリバー旅行記にて作者の本音が凝縮されていると聞く。 第一章は国家の冷酷、二章は奴隷制と愚かな王、三章は科学をないがしろにした者の比較、四章は人間嫌い。 どれもテーマがありそれらすべて作者の本音で描か ...

no image

海外小説

【ガリバー旅行記】馬の国フウイムヌ

2016/12/25  

概要 フウイムヌとは知性のある馬フウイムヌが人間ヤフーを支配する国。 ガリバーが上陸した時、ヤフーと間違えられ後にとけた。 徳性を重視しているためか政治に関することまったくなく法律、戦争、商業すらない ...

no image

海外小説

【ガリバー旅行記】空飛ぶ島ラピュタ

2016/12/25  

概要 地上にある島の他に空飛ぶ島がある国。首都はラガードで地上に存在するが、国王が住む場所は空島。 上と下で国民の性格がまったく別物 上の国民の多くは数学と音楽を知ろうとしない。これが原因で40年前に ...

no image

海外小説

【ガリバー旅行記】巨人の国ブロブディンナグ

2016/12/25  

概要 巨人が支配する国。二章の舞台。 住民 ガリバーを捕まえた巨人 9人の娘たちを持つ男。ガリバーを捕まえて娘たちや民衆の見せ物にしていた収入を得た(しかし、劣悪な環境の中での生活であり2、3週刊もし ...

no image

海外小説

【ガリバー旅行記】小人の国リリパット

2016/12/25  

概要 小人が支配する国。第一章の舞台。 首都はミレンドウ。 使用言語はガリバーの知っているものと違うため6人の学者が3週間かかってガリバーに言葉を教えたりした。ガリバーサイズの人間の服をしたてるのに3 ...

no image

海外小説

【ガリバー旅行記】レミュエル・ガリバー

2016/12/25  

概要 外国へ行きたいことを志したイギリスの男性。航海術、数学、医学、外国語を勉強し航海の旅へ行く。 妻子もちっだったが2カ月しか滞在せずすぐに旅へ出た。 長生きを考えていたが3章のストラルドブラグの惨 ...

no image

海外小説

【ファウスト・ネタ】悪魔のルール

2016/07/05  

メフィストフェレスの口から語られた悪魔の掟。 1.印のあるところには入れない。 2.最初に入るのはいいが、二回目は服従しなければならない。

no image

海外小説

【ファウスト・ネタ】1部と2部の比較

2016/07/05  

1部と2部を比較してみた。 1部はファウストに焦点を合わせて面白い所は多々ある。とりわけ恋話や終盤の出来事も悪くない。 ただ、2部は最悪だ。場面の移り変わりが激しく何を書いているのか分からない状況も出 ...

no image

海外小説

【ファウスト・ネタ】死因

2016/07/05  

概要 ファウストにはいろいろと死因がある。何気にゲーテのファウストがやさしくそれ以外はあまり優しくない。 死因の数々 伝説:契約達成でメフィストに連れて行かれた。 フォースタス博士:契約達成。 ファウ ...

no image

海外小説

【ファウスト】その他の登場人物

2016/07/05  

準重要人物 ラファエル、ガブリエル、ミカエル 天使の三隊長。 神 天使たちの主。メフィストの「人間は堕落している」を否定するためにファウストを出して賭け勝負をする。 ホムンクルス 2部から登場したファ ...

no image

海外小説

【ファウスト】ヘレネ―

2016/07/05  

第2部に登場した美人にして古代人。既婚で夫にメネオラスがいる。 スパルタに捕らえられていたがメネオラス率いるギリシア軍に奪還されるも祭典に出される生贄を気になっていた。 フォルキュアスに変装したメフィ ...

no image

海外小説

【ファウスト】マルガレエテ(グレートヒエン)

2016/07/05  

町にいた女性でファウストがひとめぼれした。貧乏で苦しんでいた。 またはグレートヒエンとも呼ばれる。 父は金持ちだったものの故人、妹は他界、兄は軍人ワレンチン、母はマルテ。 マルテと会い話していた所にメ ...

no image

海外小説

【ファウスト】ヨハン・ヴォルフガング・ファウスト

2016/07/05  

概要 ファウストとはドイツの伝説に登場する科学者。もともと、一地方の有名人にしかすぎなかったもののゲーテがファウストを取り上げたことによってその知名度を上げて今では有名人となる。 実在の人物らしいがあ ...

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.