「中島敦」 一覧

no image

中島敦

【中島敦】斗南先生

2018/01/20  

概要 「斗南先生」とは中島敦の小説。三造シリーズの1つで あらすじ 三造は伯父とよく似ているとされ従姉から心配されていた。 ある年の2月、高等学校の記念祭にて伯父から落書が来た。利根川の田舎からであり ...

no image

中島敦

【中島敦】三造

2018/01/20  

概要 三造とは中島敦の作品に登場する人物。 斗南先生、プウルの傍で、狼疾記、北方行に登場する。これらは全て中島の実体験をモデルにした作品でいわば自伝と言えるだろう。 自伝を書きたかったのはどういう心境 ...

no image

中島敦

【中島敦】牛人

2018/01/20  

概要 「牛人」とは中島敦の小説。 あらすじ 牛引取まで 魯の叔孫豹は乱から逃れるため斉へ向かった。途中、魯の北境庚宗に美人と一夜をする。斉へと向かい大夫国氏の娘と結婚し二児(孟丙、仲壬)をもうける。 ...

no image

中島敦

【中島敦】わが西遊記

2018/01/20  

概要 わが西遊記とは中島敦が書いていたシリーズ。沙悟浄を主人公にしている。 中島が自らのファウストとして描こうとしていた。そのため、田中西二郎宛と深田久弥へ意気込みを見せていたほど。 しかし、亡くなっ ...

no image

中島敦

【中島敦】虎狩

2018/01/20  

概要 「虎狩」とは中島敦の小説。 あらすじ 主人公は朝鮮人の趙大煥(内陸出身)と小学校5年生から友人であった。父の仕事の都合上、趙は龍山へ引っ越す。 ある日、主人公に虎狩をするよう誘われ主人公は乗った ...

no image

中島敦

【中島敦】名人伝

2018/01/20  

概要 「名人伝」とは中島敦が書いた小説。モデルは列子から来ている。 あらすじ 紀昌、飛衛に会う 趙の邯鄲に住む紀昌は天下一の弓の名人になろうとした。既婚している。 紀昌は飛衛に会い弟子入りを求めたが目 ...

no image

中島敦

【中島敦】妖ふん録

2018/01/20  

概要 「妖ふん録」とは中島敦の小説。「ふん」の部分は環境依存文字であるためひらがな表記とする。 あらすじ 陳 陳の大夫御叔の妻夏姫(鄭の穆公の娘)にまつわる話。夏姫の周の定王元年に父、翌年に兄の蛮は死 ...

no image

中島敦

【中島敦】盈虚

2018/01/20  

概要 「盈虚(えいきょ)」とは中島敦の小説。1942年7月の政界往来にて掲載された。 あらすじ 追放~即位まで 39年の秋、衛の霊公が息子にして太子かいがい(環境依存文字であるためひらがな表記とする) ...

no image

中島敦

【中島敦】かめれおん日記

2018/01/20  

概要 「かめれおん日記」とは中島敦の小説。 校内でカメレオンが発見されてどうするのか考え保管することにした。後にカメレオンはいなくなる。 この小説は物語よりも問題点のほうが強い。 問題点 問題点が大き ...

no image

中島敦

【中島敦】文字禍

2018/01/20  

概要 「文字禍」とは中島敦の小説。1942年2月の文學界にて古譚として山月記とともに発表。 科学的根拠を否定してファンタジーにしている作品であるため注意。 特に文字の霊による視力低下は本来なら「本の見 ...

no image

中島敦

【中島敦】木乃伊

2018/01/20  

概要 「木乃伊(ミイラ)」とは中島敦が書いた小説。 あらすじ ペルシャ出身で軍を率いているパリスカスはカンビュセスの命令でエジプトへ侵攻する。父祖はバクトリヤから来ている。 パリスカスはメムフィスに入 ...

no image

中島敦

【中島敦】狐憑

2018/01/20  

概要 「狐憑」とは中島敦が書いた小説。時代設定はホメロスが登場する前とされる。 あらすじ スキュティア人の湖上民が住むネウリ部落のシャクが動物の霊に憑かれて不思議な言葉を吐くという噂が流れていた。ウグ ...

no image

中島敦

【中島敦】山月記

2014/09/17  

概要 「山月記」とは中島敦が書いた小説。1942年2月の文學界にて古譚として文字禍とともに発表。 元ネタは清の時代に作られた説話集「唐人説薈」に収録されている「人虎伝」。 国語に採用されることが多い作 ...

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.