戦争・兵器

No Image

*概要
棍棒とは武器の1つにして石器時代から続く由緒ある武器。
打撃に使われここから多くの武器が作られたと言われている。現在ではゴルフに名を与えているもののそれでもクラブを使った事件は多くありこの武器がどれだけ先祖たち ...

戦争・兵器

No Image

*概要
偃月刀とは中国に伝わる武器。10~20世紀の中で活躍した(宋~清)。
長柄武器で刃が円月の形をしていたため偃月刀と呼ばれる。
しかし、実戦で使用するにはあまりにも重く演舞用として使われた。
軽量 ...

戦争・兵器

No Image

*概要
小烏とは日本に伝わる刀。天国作で奈良時代に作られた。
両刃の刀とされる。
平家が持っており家宝とされていた。しかし、壇ノ浦の戦いで消失したとされた。
だが、明治時代に入り発見され明治天皇に謙譲。 ...

戦争・兵器

No Image

*概要
儀礼武器とは儀礼目的が作られた武器。主に剣として扱われる。
特徴は装飾が施されており単純な武器というより高級さを出させている。そのため、士官クラス以上が用いることを許されている。
また、儀式に用いられた ...

戦争・兵器

No Image

演舞用武器とは演舞に用いられる武器。目的は持ちやすさや、使いやすさではなく武器の外見の派手さが重要とされる。
わかりやすい例で偃月刀。むちゃくちゃ重く外見は派手で使いづらい。演舞としてはいいが、実戦武器としては見劣りする。

戦争・兵器

No Image

*概要
戦場で重傷を負った部下を殺すための武器。ヨーロッパでは短刀として用いられ介錯するために使われた。
日本で言えば腹切りということか。敵に殺されるぐらいなら味方の手か。いいのか悪いのか。

*一覧

戦争・兵器

No Image

*概要
マムベリとはスーダンのアザンテ族、ザイールのボア族が使っていた剣。
異様に曲がっているのが特徴。カスタマイズされており斧、鉤爪、鍔を外して刃元の指を保護する突起をつけたりする。
盾に対して滅法強く盾に対 ...

戦争・兵器

No Image

*概要
マボムバームとはザイールに存在していたブショング王国で使われていた儀礼用の青銅の剣。
主に族長や族長の次に偉い人間が使われ右手に持つこととされる。
両刃で装飾がされている。ブショング王国所属のバクフ族の ...

戦争・兵器

No Image

*概要
マクアフィルとはアステカ人が使っていた武器。タノイ語で刀剣を意味する。
剣そのものは木で作られており黒曜石が敷き詰められこれで殺傷能力を高めている。
高い山が多かったため転落防止の紐がついている。 ...

戦争・兵器

No Image

*概要
チラニュムとはムガール帝国の士官が使っていた短剣。
装飾がされており刃元は湾曲して戦うためと言うより護身用といった感じだ。拳を保護する部分も存在し殴る戦いも想定しているのか?
ムガール帝国と敵対していた ...

戦争・兵器

No Image

*概要
チョーラとはマッスド族(アフガニスタン東北部、パキスタン西北部にあるハイバル峠に住む)が用いていた短剣。
細い片刃で、柄頭は鍵状で木や動物の角で作られている。
思うにどうやって作るってるんだろう。今は作 ...

戦争・兵器

No Image

*概要
チョーパーとはインド南部に伝わる短剣。
形は一定しておらず刃にも鎌にも見える形状をしている。これは、山林を切り拓くために用いられた。地域によって形が一定しておらず独特さにも拍車をかける。
しかし、イギリ ...

戦争・兵器

No Image

*概要
バターディアとは16世紀のイタリアの騎士たちに使われた短剣。
特徴は鍔がなく両刃で柄頭が扇。
目的は重症を負った仲間に対して使われたこと。敵にトドメを刺されるぐらいならせめて味方の手によって死ねとうこと ...

戦争・兵器

No Image

*概要
ノバキュラとは古代キプロスに伝わる鎌。
鎌の形をしているが握る部分が小さく革に何かをつけて使わないと無理と思われる。
鎌であるためまず農業に使われたのは確かだろう。
まあ、実際の使い方が残ってい ...

戦争・兵器

No Image

*概要
テレクとはサハラ砂漠に住むトゥアレ族が使っていた短剣。
握る部分は十字型のような形。持ち方は人差し指と中指の間に入れて使うため刺す突くぐらいらしい。
普段は鞘に入れて腕につけている。
なぜ振るに ...

戦争・兵器

No Image

*概要
マンキャッチャーとは16世紀のヨーロッパに使われた囚人捕縛用の武器。
先端がねじれており棘がついている。これは暴れた囚人の首を掴み暴れたら棘で傷つける。
敵を捕縛するだけでなく敵を傷つけることにも置いて ...

戦争・兵器

No Image

*概要
マルとは17世紀のインドに住むマラータ族が使っていた兵器。別名「シンガータ(現地語で殺すを意味するらしい)」。
盾とヤギ角2本を合体させたもので攻防一体の戦い方をする。
盾がない状態はファーキンズホルン ...

戦争・兵器

No Image

*概要
微塵とは江戸時代の日本で使われた武器。
輪に鎖付き分銅が3つある。これを使い相手の骨を破壊して捕縛するらしい。
江戸時代における警察とか使っているのかと思われるが捕縛方法が格闘よりも破壊の方で当たりどこ ...

戦争・兵器

No Image

*概要
銅拳とは中国に伝わる武器。14世紀~20世紀にかけて作られた(明~清)。
やりの形をしているが、穂先が刃ではなく拳。
拳が釘を握っており打撃として使用されている。破壊というより視覚的恐怖をあらわしている ...

戦争・兵器

No Image

*概要
鉄鞭とは中国に伝わる武器。7世紀から始まり20世紀にまで伝わり約1300年に渡って作られてきた(唐~清)。剣の形をしているが打撃系武器で殴る戦い方をする。
元々は青銅で作られ時代の流れで鉄となった。
高 ...