イストワール

【イストワール・人物】館主

更新日:

概要

館の主にして第二世界存在。第一世界存在が始原の泥から作った女性で妻。
世界崩壊の元凶。目的が目的だったのでヤンデレ気質である。
にゃーにゃーの飼い主で名前をつけているものの長いためリリアあからはこの名前にされている。
攻略についてだが崩壊の状況で形は左右される。しかし、あまりにも長くなるのではぶく。

実力

実力は他の世界存在とかけ離れており他者を呼びだす、未定義空間の跳躍、万魔殿建設(レイブンヒル城地下、館からでは侵入不可)、世界崩壊をさせる。そのため、院長からは館主をとめられるのは第一世界存在とされる。

作中の行動

始まる以前

第一世界存在とともに第三~第八を共同で作り上げた。第一世界存在が世界を去るさいに第一の力を結晶にしたものを渡され管理する。
第三世界存在のディースが部下とともに暴虐の限りを尽くし三英雄に結晶の力を与えた。ディースは敗北しディースを封印するために万魔殿を作り封印する。

本編

孤独に耐えかねてリリアと共同に第一世界存在を呼び戻すことを画策する。しかし、トルバドールから憎悪の種を渡され世界崩壊を開始する。
第四グヴァリフ、第五ジャネット、三英雄のシェーラとレスター、クートリムの片割れアレク、司書セラフィ、第六カルナに作られた葬儀屋の計6名に手紙を出して強制で呼びだした。その時、第一世界存在「アイ」であるレーベンが戻ってきて全てがそろった。しかし、アイは記憶を失いアイの記憶が戻るのを待つ。
世界崩壊が進みトルバドールの思惑が進行し最後の戦いが始まる。
エンディングによって生死が分かれる。第二世界崩壊まで起こすとグッドエンドが見られるルートがある。

最大の謎は館主がいつトルバドールと会ったからだ。隠し部屋を提供して三英雄譚を作らせたりととてもじゃないが特別な扱いを受けている。ぶっちゃけリリアと同等の価値を持っているかもしれない。
なぜにあそこまでトルバドールを受けいれたのか作中では明かされておらずどうやって接触したのか謎。


スポンサードリンク

-イストワール

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.