ケムコ

【シャドウゲイト】「ふざけているのか?」と思うしんのゆうしゃの辞世の句

更新日:

この記事の所要時間: 1023
シャドウゲイトに登場する「しんのゆうしゃ」とは、プレイヤー。テンションと自尊心が高い。
さて、気になる点は辞世の句を言う。まるで、本業は詩人じゃないのかと思うぐらいよくできている。

一覧

アホ編

1.つるぎ、ひっかきぼう、ぎんのや

「わたしは つるぎの はを ひだりむねに ついた。
…ドクドクと ちが わきでてくる!! ああ!! なんて おろかなのだ。
じぶんの いのちを じぶんで たってしまうとは!!
…わたしなきあとの せかいは やみに つつまれて しまうであろう…。」

2.井戸の中へ入る

「あーっ!! ロープがほどけた!! はっ!! はんしゃてきに てが のびた。
その いきおいで あしが すべって いどの なかへ まっさかさま!!
いどは おもっていたよりも ふかかったようだ。
わたしは… からだじゅうの ほねを おって しんでしまった。」

3.梯子を渡った先

「わたしは くらやみを はしごづたいに おりていった。
はっ はしごが ない!! おもわず あしを ふみはずして しまった。
くらやみに らっかして しぬことは わたしの うんめいだったのかも しれない…。」

4.谷に落ちる

「ギャーッ!! おおごえを あげながら とびこんだ。
たにぞこへ むかいながら わたしの めに うつったものは…!!
しにがみだ!!
わたしを とらえようと まちうけている。 …しろい はを ちらつかせながら…。」

5.窓から飛び降りる

「むなしい さけび!! わたしの からだは ちゅうに ういた。
ぐるぐる ぐるぐる…。
なんの つながりもない いろいろな ことが あたまの なかを かけめぐる。
さいごに わたしが みたものは
あんこくの なかで あやしく ひかりを なげかける ほしの またたきだった。」

6.フェリーマンがいる周りの川へ

「ドッボーン!! わたしは いきなり かわのなかへ とびこんだ。
ひえーっ!! つめたいっ!!
あまりの みずの つめたさに わたしの からだは たちまち マヒしてしまった。
おもうように からだが うごかない!! もがけば もがくほど しずんでいく!!
ふかい!! そこなしのように ふかい かわだ。」

7.鏡の間の右の穴へ(呪文使用前)

「あなから とびおりた!! ドーン!!
ちゃくちに しっぱいした!!
うっ たてない!! こしのほねを おってしまった。
ここでは てあてを うけることは できない。 だまって うえじにするのを まつだけだ…。」

8.湖を凍らせず泳ぐ

「わたしは ガイコツにむかって およぎはじめた。
グイッ!!
さめだ!! もうれつな ちからで わたしの あしを
ひっぱている!!
おろかにも じぶんの にくたいを えさとして
さめに ささげてしまった。
わたしが さめの いぶくろに はいりきるころは
ここは ちの いけのように なっているだろう。」

9.噴水の水を飲む

「うぐっ…!!
いっしゅん げきつうが わたしの からだを
ひきさいた。
あつい!! のどが…のどが やける!!
いたみは すぐに やんだ。」

10.びん1をのむ

「いきを とめて なかの えきたいを のみほした。
… からだが!! うごかない!!
そして、 いき たえてしまった…。」

火編

1.油の中へ

「わたしは はなを つまみ あぶらの なかへ とびこんだ。
あづーっ!!
わたしは とけてしまった。 ああ!! わたしは ゾンビにも なれないのか…。」

2.油に火をつける

「あぶらに ひを つけた。 …あぶらは たちまち ほのおに かわった。
うおーっ!! もえあがる ほのおの いきおいで
たいまつを もつ てに ひが!!
いったん ひがつくと もう ふせぎようがない。 このまま ほねまで やけこげてしまうだろう…。」

3.マグマに入る

「わたしは なにを ちまよったか いきなり ようがんの なかへ とびこんだ!!
ああっ!! からだが もえる!! ようがんは そうぞうどおり じごくの あつさだ!!
どうして こんなことを させるんだ!!
わたしは わたしの いしには はんして じさつこういを はかった。」

4.松明の火が消える

「ああっ ひが…!! たのみの つなの ひが きえてしまった。
くらい!! みわたすかぎり まっくらやみだ!!
わたしは あかりを もとめて てさぐりで いどうしようとした。 ゴンッ!!
そのとたん あしが すべり かべに きょうれつに たたきつけられてしまった。」

5.龍の炎が飛び出す部屋で盾を4回使う

「おおーっ!! ほのおの いきおいで たてが もてなくなった!!
わたしは ひだるまに なってしまった。
…ほのおが きえたあとは だれも… わたしの しんゆうでさえ わたしだとは わからないだろう…。
わたしの からだは その はきだす ほのおに スッポリと つつまれてしまった。
ああっ わたしは…。 こうきしんの だいしょうを いのちではらうことに なってしまった…。」

6.上記の龍の炎

「ギャー!!
りゅうの くちから いきなり ほのおが!!
わたしの からだは そのはきだす ほのおに
スッポリと つつまれてしまった。
ああっ わたしは…。
こうきしんの だいしょうを いのちで
はらうことに なってしまった…。」

7.扉の前で選択をミス

「うぎゃーっ!!
ひっ…ひが…!!
とつぜん ガイコツの めから ほのおが ふきだし
わたしの からだを つつんだ。
まおうの いかりに ふれたらしい。
わたしの ちからのかぎりを つくしたが
それは むなしい どりょくだった。」

8.カールイス

「うおーっ!!
わたしは さけびごえを あげ ほのおの なかへ
ホップ ステップ ジャンプ… かーるいす!!
わたしはもえつきてしまった。」

罠編

1.実験室の金網を開ける

「はっ…!! とつぜん くろいかげが わたし めがけて とびかかってきた。
ひいっ!! なんだ? こいつは…。 きみょうに へんけいしている!!
よくみると くろい いぬのようだ。 どうやら じっけんによって どうもうな けものに かえられたらしい。
あれこれ かんがえているうちに けものは わたしの からだを くいちぎった。」

2.金の壷を取ろうとする

「そんな ばかなっ!!
きんのツボの ほうに あゆみよると とつぜん あしもとが くずれはじめた。
まさか!! なぜ? どうして?
わたしは なんの こころの じゅんびもなく むていこうのまま らっかした。
きがつくと ふかい ぬまの なかだった。 めのまえには きょだいな ワニが いる。
うえた ワニ!!
わたしは むざんにも かれのエサとなるのだ!!」

3.石造りの通路。左の通路へ

「ドシーン!! な…なにが おこったんだ?
おもい!! からだが しめつけられる!! いきが…くっ くるしい!!
くっ…!! ぜんしんの ちからを こめる。
だが かなしいことに アリの いっぽにも およばない。
せなかに つたわる おもく つめたい かんしょく!!
どうやら きょだいな いしの かたまりが おちてきたらしい…。
どりょくもむなしく わたしは いきたえてしまった。」

4.オオカミに殺される

「ぎゃあーっ!!
おんなは あっというまに 1ぴきの どうもうな オオカミに へんしんした。
こうふんしている!! おそいかかってくるぞっ!!
あああっ!! もう ダメだ!!
ギラリ!! オオカミの キバが ひかった。
そのしゅんかん わたしは むざんにも オオカミおんなの エサと なってしまった。」

5.ガードに殺される

「ギャーッ!!
あなに はいろうとした とたんに まものが すがたを あらわした。
こいつは…ガードだ!!
ガオーッ!! ガードは その するどいつめを ひとふりした。
ぶちっ!! わたしの くびが とぶ。
くるしむ まも なかった。」

6.本をとる

「わたしは ふかい ふかーい やみの なかへと
てんらくした。
そして そこによこたわる ドクロたちの
なかまになるのを まつだけになってしまった。」

7.脆い橋

「ヨロヨロしながら あしを ふみだした… が!!
はしは もろく くずれてしまった!!
くそっ!!
この はしは わたしの おもみに
たえられなかった!!
みを かるくしないと わたれなかったんだ!!」

8.左の鏡を割る

「かがみが われた。
おっ なんだ!!
くうきを すいこんで いくぞ!!
…うわーっ!!
からだも すいこまれてしまった!!
かがみの そとには くうきが ない!!
こきゅうが できない!!
だっ だれか!! たすけてくれ!!」

9.右の鏡を割る

「かがみが すさまじい おとを たてて われた。
うちゅうへの まほうの ゲートを ひらいてしまった!!
かっ からだが すいこまれるー!!
…うちゅうに ほうりだされてしまった!!
くるしい!! いきが できない!!
…そのまま きを うしなってしまった…。
もはや めざめることは ないだろう。」

戦闘編

1.VSスライム

「あ… ああっ!! みるみるうちに スライムは わたしのからだをのみこんでしまった。
よみの くにへの きっぷを てにしてしまった。
…いたみも かゆみも ともなわずに…。
わたしの からだは とけてしまい みどりのスライムに なってしまった…。」

2.VS地獄の犬

「けたたましい うなりごえ!!
じごくのいぬは いきなり わたし めがけて とびかかった!!
のどへのいちげき!!
ぎゃあーっ!! ちが ふきだす!!
わたしは ていこうするまもなく のどを くいちぎられてしまった。」

3.VS炎の龍

「ほのおの りゅうは かちほこったように
かなきりごえを あげた。
あっ!!
わたしは やけこげてしまった。」

4.VS青いドラゴン

「ああっ!!
とつぜん ドラゴンがめのまえに せまってきた!!
きみのわるい からだが わたしを ぐるぐると
しめつける。
ドラゴンは わたしの ぶざまな すがたをみて
ぶきみな えみを うかべているようだ。
くやしいきもちを かみしめているうちに
わたしのいしきは とおざかっていった…。」

5.VSサイクロップス

「わたしが こうげきするよいも はやく こんぼうが
あたまの うえに!!
わたしは あたまを たたきわられてしまった!!」

6.VSワーロック

「あっ!!
ワーロックが すばやく あくまのぼうを
ふりおろした!!
ほのおが はしる!! ものすごい いきおいだ!!
ぎゃあーっ!!
いっちょくせんに すすんできた ほのおは
あっというまに わたしを とりまいた。
はんげきする すべもない・・・・・。
わたしの ちからも まおう ワーロックのまえには
およばなかったらしい。」

7.VSオニ

「オニは すばやく やりを なげてきた
やりは わたしの むねを つらぬいた!!」

8.VSおおかみ(火を近づけた場合。ただし、死体でも有効)

「ひのついた たいまつを ちかづけた。
ぎゃあーっ!!
おんなは あっというまに 1ぴきの どうもうな
オオカミに へんしんした。
こうふんしている!!
おそいかかってくるぞっ!!
あああっ!! もうダメだ!!」

結論

職業詩人でいいんじゃないのか? これだけ詩の様なことが書けるし。
そして、最後に。
「ざんねん!!
わたしの ぼうけんは これで おわってしまった!!」


スポンサードリンク

-ケムコ

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.