グラブルネタ

【グラブル・ネタ】ウーノ「私の理想は歪んでいるのか…?」

更新日:

この記事の所要時間: 122

概要

「私の理想は歪んでいるのか…?」とはウーノが言ったセリフ。ウーノは世界を守ることを考えているが逆にその思想へ疑問に思っている。
戦ってみて思ったけどウーノの言う最強は「十天衆=最強」という形なんだよな。何かこう井の中の蛙に近い形なんだよな。戦争の規模を小さくするための予防線らしい。まあ、強いけど本当の意味で強い連中と相まみえたらどうすんのと思う。

十天衆は本当に世界を守る?

これ、見ていて思ったこと。メンバーはどう見ても最強じゃないやつがいたり武器限定の最強を1人集めた感じだ。
世界を守るという感じが少人数という感じだ。まあ、命令はきくものの普段や加入状況から見て世界を守るという感じがしない。天星器の選定にはちゃんと参加する。

メンバーの思惑

1.カトル - 十天衆の名を振りかざして“スラム「星屑の街」”の子どもたちを守る。
2.サラーサ、フュンフ - 何も考えてなさそう。
3.ソーン - 単に行けるところが無いため。
4.エッセル、シス、オクトー - 別に興味がない。
5.ニオ - 不明。
6.シエテ - ウーノと同じ世界を守る。

本当に世界を守るのか謎すぎるし小規模の紛争事態を止めるために結成したらしい。しかし、わからん。
秩序の騎空団がいるのに治安は多少マシではないのか? 他にもシエテやウーノの考えは一時しのぎに思える。ウーノとシエテがいれば助かるもののあくまで生きている状況だろう。死ねば無くなることしか見えないし最悪の場合は悪用される未来もある。
ぶっちゃけ、この二人が力みすぎる感じがする。


スポンサードリンク

-グラブルネタ

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.