グラブルネタ

【グラブル・ネタ】設定を見れば十天衆メンバーとタメをはれる人々

更新日:

概要

十天衆って本当に最強の集団なの? 確かに十天衆が最強なのかは疑問視する声もある。私もその一人だ。
十天衆に入ってもいいぐらいの実力者たちを上げる。

一覧

イングヴェイ

ファータグランデの安全な航路を開拓し、他の空域にもゆき伝説を築いた男(七曜の騎士を口説いたとされる)。実力はかなり高い方。
余所の空域で入手した鎧を着ている。
少年時代のイングヴェイはかつてヨダルラーハとアレーティアへいきなり戦いを挑み苦戦させるも敗北(双方、全治三ヶ月の怪我を負うほどの激戦とされる)。結果として「技を盗む方法」、「度胸を鍛えられた」とされる。
かつては剣の使い手だが利き腕をやられ現在の状態になる。
功績を作った時期は主人公の父が活躍する前と思われる。

主人公の父

名前不明。七曜の騎士にも影響を及ぼしファータグランデ以外の空域にも伝説を作る。まさにイングヴェイに続く伝説の人物である。
星晶獣を殺したことがある。

ガンダゴウザ

古今無双流の拳豪、求道者。
ファータグランデにて唯一無二の拳豪で拳圧で瘴流域を吹き飛ばす、戦争で万人組手と称して両軍壊滅、寝返りで岩山を1つ吹き飛ばす、嵐が止まない島で竜巻のごとく一撃の素振りで嵐を止めたとんでもない力を持つ。
拳を極めたい者から尊敬の念を抱かれておりガンダゴウザを超えることを目標にしている。
主人公と比較して他者からは「ガンダゴウザの方が強い」とされる。
魔物の気配を察知することができる。拳を交えて相手の考えがわかる。

アレーティア

魔法を操る剣の賢者。数々の伝説を持つ二刀流で盗み見により己の力を磨いた。

ヨダルラーハ

数々の伝説を妖剣士、剣聖。ヒューマン、ドラフ、エルーンではなく小人のハーヴィン。
多くの弟子を持っていたが現在は新しく入った弟子ファラのみ。
かつてアレーティアと戦ったことがありその時は蛇腹剣を使い勝っている。魚を使い岩を斬ったことがある。

カリオストロ

2000年も生きている錬金術の開祖で現在は自分好みのスペアボディに入っている男(現:幼女)。
過去に星の民からさらなる力を得たが、星の民を気に入らず単独で追い返した。
ただし、妹とその血筋の者には弱い。

メーテラ

弓術の天才にして魔導弓の担い手である守り人候補。エルーン。
最年少で候補に選ばれるも継承せず魔導書を読み六属性の魔法、飛翔術を会得し自由奔放に空を駆け巡る。
登場は限られているが六属性魔法、飛翔術の習得や最年少で周りに認められる実力は高いだろう。

マルキアレス

アストラル大魔術創始者。ハーヴィン。
テーブルマウンテンに一人すみ小鳥とたわむれる。
爆裂魔法の他に浮遊術(飛翔術の可能性あり)を使う。
227歳を超える。

ナルメア

武器百般を極めんとする六つからなる家系「六旗」の出身で刀使い。ドラフ。
己の限界を悟り魔法を付け加えた。瞬間移動も使えたりと実力は十天衆にいてもおかしくない。
最終上限解放でナルメアはフュンフより強いため少なくとも十天衆の中堅とは戦える可能性を秘めている。
オクトーのいとこにして弟子。

シルヴァ

ソーンの親友。こちらも視力がよく長く見えるも魔法は使えない。
ソーンと違い才能がないと考えるも努力で戦うことにしている。
しかし、対ソーン戦で対策を取って戦い勝つあたり十天衆メンバー(ウーノ、シエテ、オクトーは無理だとしても)と戦える力はあると考えられる。
ちなみに十天衆エッセルは銃使いだがあっちは狙撃というより「銃が得意」な感じでこっちは狙撃専門。

他にもいる強い者たち(上記の者たちと比べたら多少違う)

シャルロッテ

元リュミエール聖騎士団団長。ハーヴィンだが並みならぬ努力を積み重ねた結果、地位を得た。
魔物の群れが相手でも動じない。
カリスマ性は高く団を抜けた後でも慕っている者は多い。
バウタオーダ曰く「種族の違いから起きる不利を覆すほど、凄まじい努力をされてきました」と言われているあたり強いのは確かだろう。
コーデリアからも力、カリスマ性は種族間を超えており歴代最強の団長と目されている。

ジークフリート

フェードラッフェの英雄で元黒龍騎士団団長。慟哭の谷にいたファフニールを封印したことで「竜殺し」の異名を持つ。
フェードラッフェ周辺ではその実力は知られている。
追われた身の時であってもランスロット、ヴェイン、ソフィア、主人公一行と戦っても余裕。単独で軍隊を追い払う。
ランスロットの師匠。

ガウェイン

呪いの甲冑をまとう騎士にしてダルモアの英雄(ガウェインは英雄と言われるのを嫌っているが)。
パーシヴァルの実家「ウェールズ家」が攻めて来て撃退、数百の敵兵を単独で退けた実力を持つ。
性格は傲慢だが己の力に自信を持っているあらわれ。元々は優しかったらしい。

フロレンス

そのガウェインに呪いをかけた姉。ガウェイン並みに実力があってもおかしくない。

アルベール

雷迅卿の騎士団団長。剣の実力は高い他、雷を操る力を持つ。主人公たちから強いと言われており相当高いものと思われる。
神撃のバハムート出身。

ソリッズ

「岩砕のソリッズ」の異名を持っている拳豪。SRでありながら戦歴はあきらかSSRにいてもおかしくない。

フォルテ

騎空団「ダークドラグーン」団長。実力は高く騎空団をまとめるほか、秩序の騎空団と渡り合う。
元々、神撃のバハムートのキャラクターでありヴァルフリートとライバル関係にあたる。

ミムルメモル

全空を左右しかねない「物に命を吹き込む」能力を持つ。ただし、本人には意図せず無意識に使っている。

ウィル

聖職者にして暗殺家業を持つ。悪い人間を見すぎて魔物好きとなる。
実力は非常に高く一集団を一人で殲滅するほど。

ガラドア

武器の鍛冶を営み多くの弟子を持つドラフ。作った武器は有名で盗賊に目をつけられるほど。
武器を盗んだ盗賊を捕らえに行くもその場にあった土の質を瞬時に理解して土を利用して犠牲者ゼロで捕らえた(カタリナ曰く通常なら学者が研究しないとわからないもの)。

アオイドス

傭兵「残虐三兄弟」の一人。普段は音楽好きの兄ちゃんだが剣を持つと豹変する。

業種は違うがその道のプロ

ミュオン

ブルーオービットの操縦士にしてスカイレースを5回連続優勝している凄腕。主人公や往年のライバルであるマッディーすら勝てないほど高い実力を持つ。

クリスティーナ

ジュエルリゾートの支配を任されている女性。
凄腕のギャンブラーで相手と戦うものの事前に調べ上げ勝利する(それなりでギャンブルに強いリチャード、ダイス使いのクルーニが敗北するほど)。

セワスチアン

リュミエール聖騎士団所属のエルーンの料理人にしてシャルロッテのじいや。
素材の持つ栄養素を200%引き出す調理法「リュミエールグルメ」を創出したほどの腕前を持つ。
冷戦が続く国家間で料理を炊き出し戦争を終わらせたり(ゲリラ炊き出しの奇跡と呼ばれている)、式典に出されるほどで団内でも名は知られている。
剣よりも食材の方に力を注いでいる。また、遊撃隊の創始者の顔を持つ。

 


スポンサードリンク

-グラブルネタ

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.