夕闇通り探検隊

【夕闇通り探検隊】その他の登場人物

投稿日:

おばあちゃん

「花子さんの墓の噂」で登場した老婆。長く陽見市に住んでおり昔のことを知っている。

205号室の住人

「死体の噂」から登場。
ボロアパートに住む住人。空室のはずの204号室からうめき声が聞こえて気味が悪く大家と相談している。そのため、「204号室には誰かいる」と見ている。

キムラ

「死体の噂」に登場する204号室の住人。しかし、無くなっており存在しないと思われていたが204号室からは音がしている。
税金、新聞、ローン代が未納となっている。
自称天才ゲームデザイナー。
実は生きておりキムラはトイレの天井裏に隠れてゲームをしていた。正体を知られて噂を利用して存在をかき消すよう頼まれた。

コウノ

「浮遊霊の噂」に登場。
団地の管理人で規則にうるさい。13年前、鳥塚が存在していたが団地づくりで移動しようとするも4人死亡しており今でも気にしている。
ナオたちに13年前に起きたことを話す。しかし、次の日には謎の死を遂げていた。

駅前の理髪店店主

「森の宝物の噂」に登場する男性。塚森について詳しく森の中へ行ったりする。
塚森の噂を作り地図まで作った。しかし、妻に怒られてしまった。

カメイ

学校の教師で太っている。

公園の露天商

「トカゲの手の噂」に登場。
変わった品物を売っていた。クメがトカゲの手を買い占めていた。
観察眼が高くクメの性格が歪んでいると察知した。サンゴの性格の良さを誰よりも理解しており好印象を持っていた。

古本屋の店主

「呪いのアンティークの噂」に登場した店主。趣味で店を開いている。10年以上も経営しており隣のアンティーク屋について知っており「場所が悪い」としか言いようがない。
「死の言葉の噂」ではサンゴがおどろ赤ちゃんについて調べられた。

アンティーク屋の店主

「呪いのアンティークの噂」に登場した店主。アンティーク屋を営んでいた。噂の終わりでは謎の閉店をしていた。

携帯を持っている男

「心中事件の噂」に登場。サラリーマンで会社の備品である携帯を持っていた。
電話を鳴らして携帯のある交番へ来た。

多摩川の女性

多摩川をじっと見ている女性で裸足。幽霊ではないらしい。
何かあったらしく多摩川の方をじっと見ている。
理由は「尽くした男に捨てられ子供は身ごもるも堕胎した」。そのため、自己陶酔している。
サンゴに怒りの一言で女性は怒りが頂点に達し捨てたあの男を訴えることにして幽霊から人間となった。

トモキ

サンゴとの非常に仲のいい友人。
「死の言葉の噂」ではサンゴがおどる赤ちゃんについて聞かれヒントを与えた。
「陽見七神の噂」ではサンゴの成長のためあえて身を引くことを決意し別れる電話を入れた。

自販機の管理人のジイさん

「覗くジジイの噂」に登場。
子供によくない物を販売している自販機を持っているが高校生に荒らされたり迷惑していた。そこで、おどかすために自販機からのぞいていた。
自販機の隣に住むが、家と反対に住む老人がおり30年も孤独でわいせつなことで警察の世話になった。

パチンコ屋の店長

「開かないパチンコ屋の噂」に登場。
店は閉店しており死んでいると思われた。しかし、生きておりいるはずもない女の声に怯えていた。
新装開店するため「幽霊パーラー」を開くとした(同時に女の霊が消えた)。しかし、店は開くことがなかった。

パチンコ屋店長の友人

「開かないパチンコ屋の噂」に登場。
金髪。競馬友達。

しょうゆ婆さん

「しょうゆ婆さんの噂」に登場する老婆。
しょうゆの様な匂いの肉を作っている。奇怪な人物で相手を金縛りにする、霊感持ちのクルミからは老婆から得体の知れない霊がただよっている。
そのため、小悪党のユアサ、ニシやサンゴと精神的にも強い人物ですら危険と感じるほど。
過去に立川駅に出没していた(サンゴ談)。
正体は異界からの人物で人々に災いをばらまいており霊力を吸収していた。
2度目のクルミとの対峙で銀の鈴を持ったメロスによって倒された(噛まれたわけではなく意識不明だったらしい)。倒れているところを会社員が通報し救急車で病院に運ばれたがその後、脱走した。
オンバサラーと言葉を使うところを見ると密教系の人物と思われる。

坂上地蔵の噂に登場した人物

ナオが左を向いてあらわれたおじさん

ナオの前にあらわれたおじさん。未来の自分なのか不明で答えなかった。
あまり答えたがらなかったが身長はナオと同じだった。ただし、ナオよりも切り替えが早い。

ムラセ夫人

サンゴの前に現れた和服を着た中年の女性。サンゴの未来の姿。
サンゴと違い落ち着きがある。
ナオと結婚している。

アッチャン

「公園の三つ子の噂」に登場。
高架下公園の3つ子たちについて周りに話させないようにしていた。
高架下公園にあらわれる3つ子ができた張本人でオソウシキゴッコと称して3体の人形を埋めた。

山本

「散歩のおジイの噂」に登場。
惣菜の高木屋の店主。なぜかつねにマルボーロを持っている。死ぬも未だ歩いている。
これは長男が生きていたころ好きだったもので歩いている理由は墓参りのためだった。

山本の二番目の息子

「散歩のおジイ」に登場。
山本が死去したので店を引き継ぐ。

山本の一番目の息子

「散歩のおジイの噂」に登場。故人。
子供のときに死亡しており山本は常に墓参りへ行く。
墓は不動産屋の裏に存在する。

死んだ男の子の母親

「再開発地の噂」に登場。
5年前、新しい夫と結婚するが息子と言い争いをして息子を再開発地のボイラー室で殺害。現在は精神が狂っており再開発地で子供を探している。
事件のことも会って警察に会いたくない。
サンゴで女の子を持って来ると違うと行って逃げていく。
クルミで女の子を助けると会っているというも途中で死んだ男の子に変わる。後日、サンゴから母親が娘を火で炙ろうとしたという話を聞く。

再開発地へ入った女の子

「再開発地の噂」に登場。
母親の娘らしい。ボイラー室にて倒れている。
サンゴで助けると違うらしい。
クルミで助けると会っているが後日、焼き殺されかける。

死んだ男の子

「再開発地の噂」に登場。
母親の子供だったが再婚で揉めて母親に再開発地のボイラーで殺された。

イズミ先生

「殺人ピエロの噂」に登場した医者。
旧病院跡に一人いる。13年前に少女を死なせており後悔してずっと立ち寄っている。

13年前の少女

「殺人ピエロの噂」でイズミ先生の口から語られた少女。クルミ似ているとされる。
壊れたピエロのオルゴールを持ち歩いて歌っていたが先生に恐れられ独房に閉じ込められた。6日目に脱走して古井戸の中で死んでいた。

似顔絵師

「似顔絵の噂」で登場。
野草園にいる絵師。非常に自己主張の激しい人物で自然回帰を唱えている。
クルミに似顔絵を描いてほしいと頼まれて書き三日後に見せようとしたがなぜか見せたがらず三毛猫の絵を渡した。以後、誰も見かけなかった。


スポンサードリンク

-夕闇通り探検隊

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.