夕闇通り探検隊

【夕闇通り探検隊】人面カラス

投稿日:

この記事の所要時間: 18

概要

人の顔をしたカラス。裏の森に現れるという。顔が荒井日吉に見える。
存在が疑われており、赤い満月の夜に遭遇すると呪われる。
赤い満月の夜に来たナオの前にあらわれて「あと100日で誰かが無くなる」と答えて去った。

犠牲者

ラグビー部の生徒、水泳部のOBが入り事故にあったりした。
13年前の団地開発で4人死亡し、管理人のコウノが死亡。イズミ先生は気が狂う。

正体

その正体は「殺人ピエロの噂」で語られた13年前に死んだ少女その人。
イズミ先生に診てもらっておりつねに壊れたピエロのオルゴールを持ち歩いて歌っていた。しかし、先生からは恐怖の対象であり独房に閉じ込められた。
6日後に脱走し古井戸に入り餓死した。そして、人面カラスが誕生した。
鳥塚のこと烏塚の神であるが、陽見市を守る七神に数えられておらずヨドミを操り人に祟りを起こす祟り神となった。
霊能は非常に高くアイバから恐れられるほど。猫狭間はその出自から「人の業からなった」と言う。

解除

呪いの解除方法は人面カラスが生前に死んだ場所である古井戸に「お前なんか存在しない」といえば解除可能。
ナオはこれを使い呪いを解除した。これで誰も死なない。
はずだった……。エンディングで起きたことは人面カラスの呪いではない。


スポンサードリンク

-夕闇通り探検隊

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.