ガンダム

【武者ガンダム】魔星頑駄無

更新日:

概要

魔星頑駄無とは武者ガンダムに登場するガンダム。
轟天頑駄無の弟。飛駆鳥大将軍と武者號斗丸は叔祖父。役職は副将軍。
本来なら轟天こそが大将軍にふさわしく後釜に自身がなればいいと考えていた。しかし、結晶鳳凰の指名され力を得て新世大将軍が大将軍の地位についたことを逆恨みする。
魔界と契約して力を得て魔界武者となる。
モデルはマスターガンダム。

性格

冷静沈着でカリスマ性は高く配下の武者たちや魔界武者たちからも慕われるほど。武者形態になると邪悪な本性をあらわにする。
内政が圧政なのは策謀に関しての才能はあったが内政に関する才能は皆無だっただろう。天下統一編以降においてある意味で「闇が勝った」ような世界を作った。

活躍

超機動大将軍

飛駆鳥大将軍を石化させて飛駆鳥大将軍と装い圧政をしいていた(魔星がやっている部下も存在する)。が、號斗丸に知られ號斗丸を亡き者にするため刺客を送る。
天鎧王により苦戦を強いられ一時撤退する。最終決戦で天鎧王を部下たちに攻撃させ自身は隙をついて天鎧王を乗っ取り號斗丸へ戦うが敗北し逃亡。

機動武者大戦

覇道闇軍団に「天剣絶刀」を狙われる。恨みあってか頑駄無軍団に味方しようとせず天宮を守るとして仲間に加わる。
エンディングで號斗丸に子供を育てていることを伝えた。この時からすでに新凰をさらっていた。

武神輝羅鋼

闇魔神(闇帝王)が御麗に取り付き共謀し新凰を育て武羅星とした。それ以後、不明。

漫画版「ムシャ戦記」

大将軍の地位を狙っていた。ファーストガンダム大将軍と戦うも死亡しハイドラにはめられ天魔大帝の生贄となる。


スポンサードリンク

-ガンダム
-,

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.