産業革命

【産業革命】第三次

更新日:

概要

第三次産業革命とは20世紀後半~21世紀初頭にあらわれた情報技術の発展およびその影響。アメリカのノイマンが第二次世界大戦中に初期のパソコンを製作された。
1990年台にマイクロソフトによってインター練ってを作られ、さらに検索エンジンのグーグルの登場により身近になったものだ。
ネットワークの存在を発達させたことによって視点を変えることもできた。
第三次産業革命の中心はアメリカで間違いないだろう。

仕事

仕事がよりいっそう情報管理を徹底し情報を大事にする企業が増えた。小売よりも情報を取り扱う企業も増えた。

私生活

誰もが自分好みの動画、イラスト、情報の閲覧が可能。

売買

ウェブサイトの買い物が盛んになる。とりわけ食料品以外だろう。ゲーム、カード、本、家電製品、音楽の購入だろう。その結果、小売に打撃を与えた。

本、音楽

動画サイト、小説サイト、漫画サイト、感想サイトの登場により音楽CDや本を買わない人が急増する。情報の閲覧によって見られた結果、買う必要もなく情報を閲覧できるからだ。その結果だな。


スポンサードリンク

-産業革命

Copyright© 今日も暇なことを書く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.